熊本土産のからし蓮根など、素材にこだわった郷土の味を販売しています。
ふくとく大成株式会社


ふくとくについて

ホーム > ふくたび

前回のふくたび 2017夏はこちら >>

美しい海とまち燦(きら)めく

口に入れると、思わず顔がにんまり。「ふくふく」、とした表情になってしまう食べものがあります。「ふくとく」の看板商品である〆蒲(しめかま)≠いただくと、自然と「ふくふく」、となってしまうから不思議です。

唐津、呼子周辺

高台から見える呼子周辺。海の美しさがこの街の一番の魅力。

国内産のさばと、はものすり身などを合わせて一つにした〆蒲=B職人が一本一本手造りでつくっていて、食卓にしあわせを運んでくれるお刺身かまぼこです。味の決め手は、やはり「さば」。ほどよく脂の乗ったものを厳選し、独自の追酢でシメています。さばの仕入れ・加工をお任せしているのが、佐賀県唐津市にある「ヤマフ」さん。唐津は近海をはじめ、玄界灘、五島、対馬に面する好漁場に恵まれ、昔から青物(あおもの)の水揚げが豊かな港町です。

身質、鮮度、脂感…
味の決め手は、やはりサバ。

鯖加工場

鯖加工場

鮮魚出荷仲買業として昭和47年に創業した「ヤマフ」。唐津の特産品がそろう「おさかな村」や食堂「漁師村」の運営も行う。水揚げされた魚の加工・凍結などを行う自社加工場では、スタッフさんがきびきびと働いていた。

「徳川家康や伊達政宗。戦国時代に唐入り≠オた名だたる武将たちも、サバやアジに舌鼓を打ったんでしょうね」。そう話してくれたのは、「ヤマフ」加工・商事部の石崎晴男さんです。のどかな海岸通りにある加工場で、水揚げされたサバの凍結やカットなどの処理を見せていただきました。

鯖加工場

パートさんが目の前で鯖を開いてくださいました、手早く次々と捌く様子はまさに職人。

ヤマフ外観

ご案内いただいた石崎さん。製品に対する熱い想いを語っていただきました。

〆蒲≠フサバは国産ものを吟味して使います。「国産のサバは、身質、鮮度、脂感、どれをとっても一級品。すり身との粘着感も良く〆蒲≠ノぴったりなんですよ!」と石崎さん。実はサバの味にもっとこだわるため、石崎さんからの提案で、思い切って漁場を変えたこともあるんです。「美味しいかまぼこを作りたい」という想いは同じ。パートナーさんの存在は何より心強い。熊本から遠く離れた唐津で、石崎さんの言葉に思わず胸が熱くなったのでした。

取材協力/株式会社ヤマフ マリンセンターおさかな村ホームページ http://osakana-mura.com

 

海まち・唐津のやわらかな潮風、
やさしい街並み。

秋風に誘われるまま、唐津散策へ。まずは、佐賀を代表するお祭り「唐津くんち」の目玉、豪華絢爛な「曳山(ひきやま)」が展示される「曳山展示場」へ。遠くから凛々しいお囃子が聞こえてきそうなほど、圧倒的な迫力。時間を忘れて見入ってしまいました。

唐津くんち曳山

唐津くんち曳山

曳山展示場/ 14台の曳山(ひきやま)が城下町を駆け抜ける「唐津くんち」は秋の風物詩。ユニークな造形は訪れる人を圧倒し、惹きつけてやまない。

唐津案内人、小野尾さん

「唐津を愛する人たちにとって特別な祭りです」とボランティアガイドの小野尾弥平さん。楽しいお話をたっぷり聞かせていただきました。

豊臣秀吉が文禄・慶長の役の際に国内拠点として築いた「名護屋城跡」は、当時をしのぶ貴重な史跡。本丸と呼ばれる天守台からの眺望はすばらしく、かつての名護屋浦は、朝鮮半島へ向けて多くの船が出港した歴史の表舞台。今は静かでおだやかな海が広がっています。

名護屋城跡

城跡は現在、石垣を残すのみですがここに武士が生活していたことに思いを馳せるのも旅の魅力。

名護屋城跡

天守閣跡からの眺め、城跡の敷地は広くトレッキングにはもってこいの場所。

そんな海の恵みを味わいに訪れたのは「呼子」。もちろん、お目当てはイカ料理です。コリコリとした食感、特有の甘み…半透明の美しい活き造りを存分に味わったら、残ったゲソは天ぷらで。この天ぷらが、もう絶品。

呼子イカ刺し

透き通るような輝きが食欲を誘う。ランチ時間には平日でも予約が取れないそう。
取材協力:マリンセンターおさかな村 漁師村 ホームページ http://osakana-mura.com

藤や桜の名所として知られる「唐津城」や伝統工芸のひとつ「唐津焼」も、旅の思い出にひと役買ってくれました。やわらかな潮風に吹かれて、気ままに唐津さんぽ。心がスッと晴れていくような、心地よい時間が待っています。
取材・写真・文 福永あずさ

唐津焼

唐津城の入り口にある唐津焼の販売所、佐志山窯直売所。親子で創作される作品はそれぞれのカラーが出た味わい深いもの。

 

九州地図

□ 車でお越しの場合
・ 福岡ICより 約1時間30分
・ 多久ICより 約40分

□ JRでお越しの場合
・ 博多駅 → 唐津駅 最速66分
・ 佐賀駅 → 唐津駅 最速51分

□ 高速バスでお越しの場合
・ 天神 → 唐津 最速60分

唐津城

前回のふくたび 2017夏はこちら >>